★宇宙エナジーは空間から引き出され、波動が高く変容と進化が進みます。エネルギーワークには、ヒーリング・クリアリング・アクティベーション・ライトボディなど幅広く提供しております。エネルギーワークによって、エネルギーの質・量が向上していくと意識が変わり行動が変わり現実が変わっていきます。全ての原因はエネルギーにあるといっても過言ではありません。エネルギーは生活習慣・遺伝によって変わりますが、敏感な方ほど負のエネルギーが少ないです。軽いヒーリングから強烈なセッションや特殊なスピリチュアルアクシデントまで全て対応可能です。当方では設計上料金によりエネルギー換算されるシステムになっており決済された時点でエネルギーワークが自動的に開始され公平性があり変容が始まります。当サイトにも高波動エネルギーが宿っておりますので興味ある方は感じでみてください。他方のエネルギーワークは一切制御不能となりますのでご安心ください★

■FDNA Activation・識力光種28項目

■FDNAアクティベーション全28種 識力光種(Level1〜20)
FDNAアクティベーションでは高位神知学術系としてマスターライトチャネルマトリクスの基礎となる光体〜高次光体レベルでの遺伝光力浸透性が覚醒されるものでプラトニカルリネージ編制にかかる光学的土台が形成されます。神知覚性では10〜11Lをリソースとして降ろされるもので、全宇宙系間光膜単位の光弦的存在に至るすべてに対応可能なセッションになります。

 

 

 

 

 

 

■エクスシアルDNA Activation
■トランシアルDNA Activation
■プロキシアルDNA Activation
■イクシリアルDNA Activation
■アストリエルDNA Activation
■インヘリアルDNA Activation
■エクストラルDNA Activation
■リスペリアDNA Activation
■プロキシアDNA Activation
■エミネンシアDNA Activation
■アクリエルDNA Activation
■アプリエルDNA Activation
■アクイエルDNA Activation
■アクトリアDNA Activation
■ミステリアDNA Activation
■アステリアDNA Activation
■エステリアDNA Activation
■クレアリアDNA Activation
■イクシリアDNA Activation
■イルミリアDNA Activation
■クリテリアDNA Activation
■イリスティッドDNA Activation
■エリスティッドDNA Activation
■アリスティッドDNA Activation
■イシスティッドDNA Activation
■イクスティッドDNA Activation
■アルスティッドDNA Activation
■アミスティッドDNA Activation

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計目的
■FilamentalDNA
高次光遺伝となるフィラメンタルDNAでは、個人規模で扱うマインドと意識体がエネルギーをブラウジングできるエリア(フォース・マネジメントエリア)が意識光性遺伝の覚醒により拡大され、アクシアルポイントから供給されるフォースインテーカビリティ(出力許容量)はセッション情報展開による進捗とともに拡大され、長期的に数年から数十年以上にわたって光浸透覚醒と識光力性の増幅が続き、マスターライト系アクティブデバイスの分化の開始によってSDNA〜KDNAアクティベーションで扱われる強大な範囲のエネルギーゲージ(光量規格)をフルカヴァーされます。さらにFDNAではマインドの遺伝背景で動く次期ERNA(光学的RNA)システムで運用される光出力を同時に多層化して常に安定したエネルギーアクティベーションを供給するEESP(エンハンストESP)の発達も関係しており、同時複数のKDNAアクティベーションやそれ以下のDNAアクティベーションを多光種並行セッションすることが可能な光性遺伝系が活性されるようになります。また、マスターライト・ファシリテーションの準備段階は最終段階としての遺伝活性として、マインドの顕在面と潜在面および非意識となるマスターフォースを遺伝系から立ち上げるEDNAフラクタルシステムの発達とともに、非識段階でのエネルギーコントロールは自在となり非因果的に現象を変化させることや出来事を新たに創造することなど、有識や意識を超えた世界で光力を動かすマスタースキルが錬成されるようになります。

■FissionalDNA
高次光遺伝となるフィッショナルDNAでは、光分化が加速的に臨界連続する光核体発達覚醒がアクティブとなり個人規模で扱われる遺伝光力の無制限な拡大とアクシアルポイントの増大による臨界突破の覚醒エネルギーが爆発的な光力透過と光力投影をハイブリッド・フラクタルシステムから遠間接的に即座に地上に降ろすことが可能となるマスターライト系アクティブデバイスの発達となり、様々なセッションで同時多相化されるエネルギーマネジメントを適確に切り分けながら安定かる強大なライトフォースを高効率で運用するERNAスペックとして共用することができ、アストラルからスターライトフォースまで規模の大きさに関わりなく平均して光導するために必要なマスターライト・ファシリテーションの動力部分が活性されるようになります。また、アクティベーションだけでなく浄化や聖別といった多光技能系にわたるマスターフォースを活用するためのフュージョニクスが同時にアクティブデバイスに併装されるようになり、集約と分散のシステムを効果的にしかもエネルギー消費を回避するローコストパフォーマンスにより実質的な非識段階でのEESPモードの基幹部分も活性が進むようになり、識光にありながら非識光といった両方の使い分けが洗練されるようになります。

■FigurationalDNA
高次光遺伝となるフィギュレーショナルDNAでは、不定形の光学フィラメントの量子的ポテンシャルに一定の光式を与えて実用化するために必要なマスターライト系アクティブデバイスが活性されるようになり非局在的フラクタルシステムの相互光学連動から導かれる幻影的であいまいなエネルギーステータスを個人規模で扱うことのできる活性光力として定式化するためのマインドと意識体が発達するようになり、同時にフラクタルから宇宙系内を参照するESPモダリティが確立されるようになることで、すべてを知り尽くした光遺伝覚者としての境地のもとにエネルギーをブラウジングしながらもデザイニングできるエリア(フォース・マネジメントエリア)を十分に生かした光学セッション提供が可能となり、最終発達を遂げるアクシアルポイントから供給されるフォースインテーカビリティ(出力許容量)を背景として、マスターライト系アクティブデバイスに光次(光がフラクタル化)する臨界現象が開始され、ハイブリッドフラクタルからスーパーフラクタルシステムへの発展余地としての臨界覚醒を迎えるようになります。次段階フラクタルシステムの規格向上の進捗とともに光次臨界現象が次々と新しい境地の光遺伝覚者として進むようになり多くのエネルギーを自由に供給するマスターライト・ファシリテーションが常に高いレベルの遺伝機構を更新する光学的RNAへつながっていきます。

■FormulationalDNA
高次光遺伝となるフォーミュレーショナルDNAでは、光学的DNAの最終系となり遺伝進化の最上域に到達するアクシアルポイントによって宇宙内に遠間接的にフラクタル接続された進化最終形態のハイアーライトフォースがエネルギーの強度を安定した高さに置きながら、SDNA、HDNA、KDNA、FDNAのそれぞれの遺伝情報ネットワークに流入される最上位光が遺伝系統をすべて光活性することで光学的完成される全ての光性遺伝が適確にシンクロされながら大規模な範囲から光量を広範囲かつ多次元で供給するマスターライト・ファシリテーターのエネルギースペックを十分に発揮するようになり、S〜FDNAの遺伝情報疎通の最大効率によってハイアーライトフォースの流動性と規模に応じた光変動をスムーズに使い分ける識光がフラクタルのヴァージョン更新によりエネルギーシステム全体の機能性を一度に更新させる光遺伝跳躍が開始されることで、通常利用されるエネルギーシステムリソースの規模拡大と意識背景となるEESPの段階が常に新しくなり続ける光次臨界を迎えるようになります。またフラクタルシステムのヴァージョン進化によって非識性となるEESPによる多様なESPデザインとセッション展開を優位に設計することが容易となり、DNAアクティベーションのエネルギー加速度変化や光性情報の展開所要時間コントロールなど、非時間処理・無次元制御のもとに自由な展開範囲が無限に広がっていくようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
送った瞬間、感じる。
★healing-space holy-dragon★
Mail info@holy-dragon.jp
HP http://www.holy-dragon.jp
聖地広島~りゅうより
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆